2013年1月アーカイブ

キャッシングの審査の基準

キャッシングの審査には基準があります。この基準はキャッシング会社が定めるものですが、その基準はキャッシング会社の社内情報ですから、公開はされていません。しかしながら、ある程度は分かっているようです。その基準としては、収入の安定性、他社の借り入れ、信用情報の3つがあります。
収入が不安定なら返済できなくなってしまう可能性があります。ですから、キャッシング会社は収入が安定しているということを基準にしているのです。他社の借り入れというのも返済可能性に大きく影響してきます。総量規制がなされているというのも、他社の借り入れが影響している原因となっています。信用情報は、過去に滞納などがなかったかどうかを確認するためのものです。
キャッシングの審査は会社によって異なっていますが、おおむねこの3つの基準が採用されています。ですから、審査を受けるときには、この3点をクリアしているかどうかを確認しておきましょう。
キャッシングとは、消費者金融や信販会社、クレジット会社などから現金を借りることで、キャッシング専用カードやクレジットカードに付帯されている機能です。ATMやCD機から、24時間いつでも現金の借入や返金ができるのでとても便利なサービスです。また、利息はお金を借りた日数のみの日割り計算になりますので、早めに返済をすれば利息も安く済むシステムになっているのが特徴です。信販会社やクレジット会社は、主にクレジット(ショッピング)とキャッシングの両機能が付いたクレジットカードを取り扱っていますが、消費者金融では、主にキャッシング機能のみの専用カード取り扱っています。また、クレジットカードはショッピング機能がメインとなるため、借入できる限度額は消費者金融の発行するカードよりも低く設定されています。ですから、まとまったお金が必要であれば、消費者金融のキャッシングカードを選ぶ方が良いでしょう。但し、お金の使いすぎや借りすぎには十分な注意が必要です。

キャッシングの審査と健康保険証

キャッシングを利用するときには身分を証明する書類が必要となりますが、このときには健康保険証を提示する事もあると思います。健康保険証にはいくつかの種類があって、それによって審査の通りやすさが異なってきます。
健康保険証というと、共済組合保険の保険証、一般会社員の健康保険証、国民健康保険証の3種類があります。この3つがありますが、もっとも審査に通りやすいのが共済保険の保険証です。共済保険は、公務員などが加入するものです。公務員は収入が安定しているという傾向がありますから、もっとも審査に通りやすいのです。もっとも審査に通りにくいのが国民健康保険です。国民健康保険に加入している人は、個人事業を行っている人やアルバイトで生活をしている人などです。
国民健康保険でもキャッシングの審査に通らないというわけではありませんが、審査には通りにくいという傾向があります。健康保険証によってこのような違いがあるのです。

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。